作業者

住宅の安全を守るために|地盤調査で環境を徹底的に調べる

専門業者への依頼

教科書通りの設計で建物を造っても、地盤が軟弱な土地では不同沈下などの問題が発生する可能性があります。そのため、専門業者に地盤調査をしてもらい、土地の状況を確認することが、耐震問題などの点からも不可欠です。

どのように保証されるのか

地盤調査

土砂崩れなどの自然災害が目立つ昨今、注目されているのが地盤調査です。普段は自分たちが生活している地盤がどのようにできているかなど意識することはありません。しかし、地盤によっては大雨で土砂崩れが起きたり液状化により沈下してしまうことも考えられます。そうならないためにも事前に地盤の状態を把握することが必要となりそのためには地盤調査が必要となります。住宅を建築する際の地盤調査は上に建築される建物の構造と形、どの位置に建つかというデータが必要になります。建物の四隅と中央付近の5か所程度を専用の細い棒のようなもの埋め込んでいきその際の反応などにより地層を割り出す工法が一般的です。この工法はスウェーデン式サウンディング試験と呼ばれ戸建て住宅で多く用いられる調査方法です。もちろんこのほかにもいくつか工法があって上に建築される建物の規模などによって調査方法も変わってきます。この調査の結果をもとに地盤改良工事の必要を調査会社が判断します。調査会社によって改良工事が必要となれば建築会社が改良工事を手配しその工事結果をもとにまた別の地盤保証会社によって地盤保証がなされます。一般的には建築会社に任せておけばこれらすべての段取りを行ってくれます。もちろん地盤調査の費用や地盤保証の費用は建物の建築費として建築会社の見積もりに含まれます。ですから別で地盤調査などを段取りする場合には建物の契約前に建築会社に説明しておく必要があります。とはいえしっかりと保証ができるだけの調査が行われなければ地盤保証会社の保証が利きません。そうなると住宅を建築することが出来ません。地盤調査会社を自分たちで手配する場合にはより緊密に建築会社と打ち合わせる必要があります。

調査は必要な作業

家を建てる際に大切なのは、災害を防ぐ丈夫な家を建てるということです。そのためには、地盤、基礎、躯体と全てにおいて万全な対策をとっておかなければなりません。地盤は特に大切で、軟弱であった場合は、改良工事をしなければなりません。地盤の良し悪しは見た目ではわからないので、地盤調査を行うことが大切です。

地盤の状態が重要

地盤調査は土地活用をする際には必ずおこなっておきたいものです。特に建物を建てる際には地盤調査をせずに行うと将来、思わぬリスクに遭遇する可能が高まります。一方で地盤調査を行う場合には地盤の不良が発見された場合の地盤改良工事も含めて行う必要があります。