作業員

住宅の安全を守るために|地盤調査で環境を徹底的に調べる

地盤の状態が重要

工事現場

調べるためには

土地活用をする際にはその地盤の状態を知っておくことが重要で、それらを行うのが地盤調査です。地盤調査は調査会社がその土地の状態を調べて軟弱性の土地であるのかを調べます。軟弱性のある土地であれば、長期的に利用するのであれば地盤改良を行った上で土地活用を行う必要があります。地盤調査そのものは調査会社が行っています。調査の流れとしては、地質地図などを使って調べ、さらに現地で実際に土地を測定器を使って調べます。従来方法はボーリング調査で杭を打ち込み土を採取して調べる方法があり、そのほか表面波探査やサウンディング試験と呼ばれる浅い鉄棒を打ち込み錘を載せて地形変化を測定するものなどがあります。もっとも確実なのはボーリング調査ですが、杭を打ち込むといったことから日数と費用がかかります。重量物のある大きな建物を作る場合や、もともと軟弱地盤とわかっている場合にはボーリング調査で正確な地盤の状態を調べる必要がありますが、それほど重量の大きくない住宅用途などの場合には表面波探査やサウンディング試験が行われます。それらの調査で得られた情報をもとに地盤調査データを作成して地盤の状態を判定し改良が必要があるのかを判定します。問題がなければそのまま建物を建てるといった工事を行うことができますが、地盤が不良の場合には地盤改良工事を行う必要があります。このため地盤調査では、その後の地盤改良を含めて考える必要があります。