作業員

住宅の安全を守るために|地盤調査で環境を徹底的に調べる

調査は必要な作業

工事現場

災害を防ぐ丈夫な家を

新しく家を建てる際、最も重要だともいえるのは、丈夫で長持ちする家を建てるということです。近年、地震などの大きな災害が多くなってきています。万一自分が住む場所で災害が起こったとしても、被害を被ることがないような家であることが大切です。そのためには、やはり地盤、基礎、躯体と全てにおいて万全にしておく必要があります。家がしっかりしていても、地盤が軟弱であれば、なんの意味もありません。都市部周辺では、土地を増やすため、軟弱な地盤でも造成し分譲することが増えてきています。せっかく家を建てたのに、ドアが閉まらない、外壁にひびが入った、などの不具合がすぐ出てくるようでは困ります。しっかりとした地盤の上に家を建てることが大切です。しかし、地盤の良し悪しは見た目ではわかりません。きちんと調べるには、地盤調査が必要です。地盤調査をしなくても、基礎や躯体を頑丈に作っていれば良いのではないか、と思う方もいるかもしれません。しかし、軟弱な地盤の上にいくら頑丈な建物を作っても地すべりや地盤沈下などを起こしてしまえばそれまでです。地盤調査を行うことで、土地の性質もわかりますし、どの程度の地盤改良工事が必要なのかがわかります。調査の結果、その土地に合った地盤改良工事と基礎工事を行うことができるので、無駄な費用もかかりません。急がば回れ、という言葉もあるように、災害を防ぐ丈夫な家を建てたいなら、地盤調査は絶対に行った方が良いでしょう。